作品集

作者

藤田将

Fujita Sho

1999年10月8日千葉県生まれ、東京電機大学卒。
自分が作る意味を追求し、存在意義のある作品作りとそれをラッピングする独自の表現を研究している。
3DCGだけでなく、過去にはキャライラスト、フォトバッシュ、MV制作、などで仕事をしていたり、仕事以外の趣味でもフィールドレコーディング、ウェブデザイン、自転車や鉛筆画、日帰り旅、写真などもやったりしていた。
趣味はアニメ鑑賞と創作活動、好きなゲームは”シムシティシリーズ”
今後挑戦したいことは映像の監督、脚本。

作品

アニメ背景風3DCG

公開日 2023年9月

製作時間 約30日


今後の映像表現のために、シェーディングとルックを研究した際にできた、試作品のような作品です

ペイントテクスチャではなく、プロシージャル的な使い勝手の手描き風マテリアルを制作しました。

子供都市

公開日 2022年4月1日

製作時間 約30日


ご依頼を受けて制作した作品です。

街を丸ごと一つ創りました。

コンセプトアートとしての役割もあったため、今までの世界観を土台に、新しい要素も盛り込みました。

ちなみに、同プロジェクト内ではバスのデザインやPVのカメラワークなどにも参加させていただいています。

また、この作品は、VFX-JAPANアワード2023 ショートフィルム部門 優秀賞を受賞しました

  ▼ 解説 & メイキング

製作コストの削減のためにした工夫として、まず、たくさんの色がまとまったテクスチャを作り、それをもとにマテリアルの色をUVマッピングによって指定できるようにしました。

これにより、各マテリアルを色ごとに用意する必要が無くなったため、マテリアル数の削減と、表現できる色の幅が広がり、結果としてリピート感の少ない街を作ることができました。

他にも、テクスチャをuv展開無しで貼ることのできるノードを考えました。

これにより、テクスチャの質感と、プロシージャルマテリアルの扱い易さを両立したマテリアルを作ることに成功しています。

今回の作品では、木の壁にこのギミックを使い、ほとんどすべてをUV展開することなく表現することができました。

また、今回の作品には膨大な数の看板が登場するため、それらを効率的に設置できるよう、看板を半自動ランダム生成できるマテリアルを考えました。

最初に、元となる看板テクスチャを制作して連番画像として書き出し、それらがランダムに出現し、かつ、看板風の色味でランダムに着色されるノードを組んで実現させました。

他にも、素材テクスチャをrgb別で制御してきれいに着色できるようにしたり、文字と模様を分けて考えることでさらなるランダム感を追求したり、様々な工夫をしています。

Doory

公開日 2024年3月24日

製作時間 45日


メタバースをテーマにした作品です。

人類がすべて創り出した、理想的な世界を想像して制作しました。

不死の都 リメイク版

公開日 2022年1月20日

製作時間  約20日 + 約10日


東京が不死の街だということを意識し、そのイメージを誇張して制作した作品です。

作中の音声やテクスチャなども半分以上は自分で録音、撮影しています。

渋谷、名古屋にて行われた”昭和百年展”に出展した作品でもあります。

  ▼ 解説 & メイキング

まず、この作品の主役である路面電車をデザインするにあたり、“香港トラムを改造”ということを前提としました。

運転台を独立させて別方向に回転させることで、車両の大型化と機動性を改善している。と言う設定です。

こういった構造の車両は今までになく、何も見ないで作れる自分にしかできない、オリジナリティに溢れたデザインにできたと感じています。

タイトルにある”不死の都”というのは、東京のことを指している言葉で、戦争や地震などで破壊されてもそのたびに復興し、今では世界一の大都市となった東京の力強さと内に秘めた美しさを表現する。というコンセプトの作品です。

そのため、街の形状や路面電車の行先などにもストーリー性を持たせた、ある種のメッセージになっています。

また、オリジナリティを追及するために、音源のほとんどは自分が東京で録音し、編集したものを使用しています。

新宿404

公開日 2021年7月30日

製作時間 ?日


フォトバッシュ作品です。

新宿の小田急百貨店が取り壊しになるようなので、その前に作品にして保存しました。

浮世絵を意識しつつ、街の中にいるような印象を構図で表現しています。

時計広場

公開日 2021年7月14日

製作時間 18日


フォトバッシュと3DCGとイラストを融合させた作品です。

雨宿りしているイメージで制作しました。

さらに、デジタル時計とアナログ時計を配置することで“新旧の融合”というテーマも表現しています。

  ▼ 解説 & メイキング

1時間の作業用BGMの背景アニメーションとしてご依頼を受けた作品です。

3dcgでアナログ時計やその周りの構造物を制作し、その上からフォトバッシュをかぶせてなじませることで、イラスト調に仕上げました。

after Effectsを使い、製作したデジタル時計素材とフォトバッシュ、3DCGのレンダリング画像を合成し、1時間のアニメーションにしました。

この作品は1時間作業用BGMの背景アニメーションとしてのご依頼のため、楽曲のテーマに沿って、1秒と言うリズムを看板のライトアップで表現しています。

平成48年

公開日 2021年9月14日

製作時間  約3か月


イラストです。

  ▼ 解説 & メイキング

東京マシーン

公開日 2021年10月31日

製作時間 約30日


東海道線に載っていた時に思いついた作品です 。

機械や配管で繋がれた東京が一つの大きな機械のように感じられたので、その時の印象を誇張表現して作品にしました。

地球屋

公開日 2021年3月9日

製作時間  1か月


maya、substance painterをほぼ初めて使って制作した作品です。

雨上がりのような雰囲気を追及してみました。

〇〇工場

公開日 2021年3月3日

製作期間  ?日


体験型のアート作品を作りたかったので作りました

今のところ唯一の、ウェブページを媒体とした作品です

loading

公開日 2022年8月30日

製作期間 2021年7月~


創作を始め、留年し、体を悪くし、日の目を見かける。という僕の創作半生を車をモチーフにアニメーション作品として表現しています。

制作中止なのか断念なのかはよくわかりませんが……、ツイッターのサブチャンネルに大量に公開されている限定公開動画をたどった終点で、完成途中のこの作品を視聴できます。

ご覧いただき、ありがとうございます

僕の作品全体について、短く表すなら、

“ミクロとマクロのせめぎあい”“新旧の融合”“オレンジと紫”“個性第一”“大都会”“東京。もしくは日本”

と言った感じになるかと思います

個性を尊重し、ほかの人の技術を不純物と考える。と言うところから僕の創作活動はスタートしていて、それを軸に、何も見ずにただひたすら脳内から出てきたものをアウトプットすることによって、僕の遺伝子を色濃く受け継いだ。分身のような作品になります

それをビジュアル的にも美しいフォーマットで出力したものが僕の作品です

あとは、ホームページや作品には英語をなるべく使わないようにしていたり、空を見せないようにしていたり、オレンジと紫を多用したり、

事細かなところで自分を表現しつつ、色々と工夫して創作しています

その他の作品……

3D以外にも様々なジャンルの作品を作っています

クリックで拡大表示できます

デッサン

中学生~高校生くらいまで、趣味で描いていました

キャライラスト

大学時代に自作小説の挿絵を描くために描いていて、少し仕事もしていました

フォトバッシュ

3DCGを始める前、主な仕事はフォトバッシュでした

写真

高校では写真部の副部長を務めていました

ドラム

中学からやってます



コメントは受け付けていません。