なぜ人は英語を使いたがるのだろうか

どうも、ふじたりあんです

自分はイラストレーターとして活動している。つもりです

故に、普通の人よりもデザインをする機会は多い気がします

メイキングのサムネを作ったり、作中の看板を作ったり。

このホームページも自分でデザインして製作しました

大学でも少なからず学んでいます

そんなわけで、僕はデザインに関して深く思い入れがあるのですが……

そんな僕は思うのです

最近のデザインは英語に逃げがちだ!

と、

英語はかっこいい

英語は罪レベルでかっこいいですね、

あいうえお ではなく、ABCです

ワコムではなく、wacom……

ローランドではなくRoland……

アキラではなく AKIRA……

そんな言語を使って作ったデザインはかっこいいに決まっていますね

当然です

英語のデザインがかっこいいのではありません、

英語がかっこいいのです

故に人は、英語をデザインに使いたがるのでしょうが、僕は思います

それは逃げだ!!!

本物のデザイナーは英語の力を頼らずとも、良いデザインをできる人ではないのでしょうか

つまり、日本語の良さを存分に生かし、日本語を殺さずにデザインするデザイナーです

例えば

Youtubeで「イラストメイキング」と検索してみてください

日本語のみでイラストメイキングのサムネを作っている人はなかなかいません

英語圏向けの視聴者を獲得したい。という思惑もあるのかもしれませんが、

ただ、日本人をメインターゲットにしている場合、サムネに英語を使うと不利になることくらいわかるはずです

つまり、”英語を使えばかっこよくなる”

という思考の元、英語のサムネを作っているようにしか思えないのです

さらに、ホームページにも英語はよく使われています

「works」「profile」「contact」

実績、プロフィール、お問い合わせと書けばいいものを、なぜか英語で表記します

今度、だれかしらのホームページを訪れる機会があったら、確認してみてください

おそらく英語表記になっているかと思います

なぜかはわかりません

ホームページのメニューには英語を使わないといけない決まりとかあるんでしょうか……、もしそうなら是非教えてください

もちろん、サムネにしろホームページにしろ、あの英語たちはデザインとして使われているということはわかります

ただ、それを踏まえてもなお、英語に傾くデザインは良くないと僕は思います

理由は主に2つあり……

ユーザビリティを低下させるから

日本人なんだから、日本語の美しさに気づけ!!! 

ということです

かっこいいけどわかりにくい

英語で書かれた小説と日本語で書かれた小説。どちらが早く読めるでしょうか

ネイティブとネイティブ並みに英語が喋れる日本人を除くなら、日本語で書かれた小説の方がすんなりと理解できるでしょう

母国語が日本語である以上、日本語が一番わかりやすいはずです

つまり、サムネも明瞭になるし、ページに訪れてくれるユーザーにも負荷をかけないということになります

視認性が命のサムネ、ホームページにおいて、日本語とはこの上なく適した言語です

ではなぜ、そんなにも優れた日本語をサムネにもホームページにも使わないのか、

それは、

日本語が比較的、ダサいから

です

そして、ここで原点回帰しますが……

それが甘えだ!

というわけです

日本語デザインの難しさとかっこよさ

ダサい。というのは語弊があるかもしれません

正確にはダサいのではなく、扱いづらい。でしょう

もちろん、イラストレーターはパッケージデザイナーではないので強く言うことは出来ませんが、

少なくとも、日本人に生まれながら、日本語の美しさに気づけない。扱えない感性は見直すべきです

確かに英語はかっこいいですが、日本語にもかっこよさがあります

バイクの隼、DOESのバクチダンサー、エヴァンゲリオンもそうです

かっこいい日本語デザインは山のようにあります

イメージとしては、少し前の東京、秋葉原のようなかっこよさ

もしくは、 中世日本のような雰囲気でしょうか

そういったかっこよさを生かしたデザインができて初めて、一人前のイラストレーター。

だと僕は思います

人のマネだけをするのはプロではありません

とりあえず英語を使えばかっこいいサムネになる。これはデザイナーのすることではありません

そしてイラストレーターは半分くらいデザイナーです

地球上でも日本でしか使われていない日本語。

しっかりとデザインできる日本人でありたいものです

おすすめページ

リンク

今後とも、よろしくお願いします