イラストレーターになるのを諦めました

今まで2年間、イラストレーターを目指して絵を描き続けていました

ここでの”イラスト”とはキャラのイラストのことをさします

萌よりもリアルよりも個性が大事

その一心で描き続けていました

本物の芸術とはそう言う物であって、個性を失った絵は図形でしかないからです

故に、人の絵の模写をしない、トレースはもろんしない。資料は見ない(自分の手を除く)、2次創作をしない、流行りの絵柄の逆を行く、など。

プライドの無い量産型にならないために様々な努力をしてきました

そうすることで、現代のイラストにはない独自の派閥を築ける

個性が認められて、イラストレーターになれる

と考えていたからです

ですが……、その読みは外れました

twitterのふたを開けてみれば、思っていた以上に絵の違いを見分けられる人はいませんでした

いたとしても、見分けられない人よりも少ないです

ツイッター上では、芸術に精通した目の肥えた人も、絵すら描いたことない素人も、模写しかしたことない反芸術主義者も、同じ1アカウント、1いいねです

pixivでは僕の絵が“萌”だけではなく“個性”という成分も含んでいることが理解されたようで、twitterよりは評価されていますが……、イラストレーターの武器はtwitterです。そっちで評価されなければ意味がありません

かといって、twitterの人たちに嗜好を合わせるわけにはいきませんね、個性は絵の前提条件だからです

これに方少し早く気づいていれば、もう少し早く、新たなジャンルを創り出すという夢を捨てて、大学の勉学に勤しむことが出来たのでしょう

彼らの芸術に対する評価基準を早く見定めていれば、留年までして芸術を興そうとする志向など、生まれなかったのかもしれません

と言っても、過ぎたことはいくら嘆こうと戻りません

150万円の学費と1年間は戻ってこないのです

今後はどうするか

まず前提として、萌イラストを練習するのをやめ、背景フォトバッシュアニメーション作品映像作品に力を入れます

そしてサブ的に、3Dモデリング、フィールドレコーディング、ウェブデザイン、にも力を入れます

これらに関しては、個性というものが受け入れられやすいのか、今のところは萌えイラストよりは評価されています。

ただ、プロになれるほど評価されているわけではないので、今後は頑張ります……

そして萌イラストに関して、今まではラノベの表紙を描いたりしたかったので定期的にキャラを描いて研究していましたが、これからは描きたくなった時だけ描くようにします

それを踏まえて、画風について、

とりあえず箇条書きにすると……

  • 先述したとおりの、見栄え重視のイラスト
  • 資料を見る
  • 視点誘導を(節度を持って)取り入れる
  • pixivで評価されている絵を観察する
  • 英語を勉強し、英語圏の人をターゲットに含める

こんな感じでしょうか

とりあえず路線を変えます

描く頻度を大幅に落としたうえで……個性重視だったイラストを、+見栄え重視に変えます

その”見栄え”には、萌えリアリティも内包されている。というわけです

個性的なイラストではなく、見栄えの良いイラスト

そんなものを目指していこうかと思います

……と、ここで一つ、

僕は死んだ。もしくは半殺し状態

と言えるかもしれません

個性とはすなわち、です

同じ色の命はありません。同じ人間はいないのです。皆それぞれ“違い”があります

そしてその”違い”の中でも、人の持つ物をとりわけ、”個性”と表現するわけです

つまり、その個性を捨てるということは、自分を殺すということですね

“違い”を消すのだから、もう誰の人生なのかわかりませんね。模写をして描いた絵が誰の絵だかわからないのと同じです

ただ、抗うつもりではいます

個性を殺すのではなく、弱めるのです

個性のない絵を描くのは罪です

現代文明にはそれを縛る法律はありませんが、神がいたとするならばそれを罪だと判断するでしょう

神に与えられた個性を捨てるなど、命あるものとしてできません

なので僕は個性が皆無な絵は描きません……、

が、

それではいけないことに気づいた。そうして書いているこの文章です

なので今後はもう少し論理的に、プロダクトとしての価値を高めていこうかと思います

まとめ

個性を捨てることはできません

そんなことをするんだったら、個性を捨てないで描いている芸術家の邪魔をしないためにも、イラストをやめたほうがマシです

ただ、僕はイラストを描きたいです

なので、芸術を汚さない程度に絵を描いていくつもりです

背景イラストやフォトバッシュの方は、見る方の目が肥えているためか、個性の方向性が受け入れられやすいからか、情報量や構図や世界観などで個性を表現していても批判されていません

なので、背景だったり、アニメーションだったりの個性はこれまで通り守り続けていくつもりですが、萌イラストに関しては改善していく。ということです

それを今後の絵に落とし込めるかは努力次第と言ったところでしょうか

この文章を公開する日が変曲点になってくれればいいのですが……

以上です

おすすめページ

リンク

今後とも、よろしくお願いします