コロナのワクチン打ったら39度近い熱が出て腕が痛くなって腰が痛くなった話

題の通りです

モデルナ製のワクチンを打ったら39度近い熱が出ました

実際に確認した体温は38.6度でしたが……、そのころは20分に0.2度の勢いで上がっているときでした

それ以降は計るのもつらすぎて計っていませんが、39度は超えていたと思います

打ったのはこの文章を書いている2日前です

父親と大手町の会場まで行き、午前中に打ってそのまま帰宅しました

打った直後は何ともなく、帰宅してもなんともなかったのですが……、接種から3時間ほど、お昼ごろから腕が痛くなり、それからしばらくして目の奥が痛くなり、次第に頭痛へと変わっていきました

ただ、僕は頭痛持ちということもあり、そういう痛みには慣れていたため、その日はそのまま寝ます

……そして翌日。

朝起きたとき、頭痛に関してはほとんど何ともありませんでした

ただ、腕の方の痛みはひどく、階段を下る振動が響いて痛いくらいでした

その日は腕をかばいながら過ごし、倦怠感やわずかに残った頭痛に配慮しつつ、3DCGのレンダリング作業の合間にアニメを見る。といった過ごし方をして、お昼後

疲れたので2時間ほど昼寝をしたのですが、その時に一気に熱が上がりました

寝る前はちょっと倦怠感がある程度でしたが、昼寝から覚めると全身が熱い感じがしました

それからしばらくはNHKをぼーっと眺めて、さすがにおかしいと思い、熱を測ったら38.4度

そのまま安静にして20分後に計ったら38.6度

心拍数も上がり、座っていだけでも心臓の鼓動で体が揺れるのを感じられるほどでした

下手に動くと倒れたりして発作を起こしそうでしたし、体温もどどんどん上がっていたため、とりあえず動かずに親に連絡しました

そして、ここでようやく解熱鎮痛剤を飲み、氷枕で首筋を冷やしながらエアコンの効いた部屋で寝ました

時刻は夕方の5時過ぎです

寝ている間も首の後ろの血管が脈打ち、頭が揺れるくらいに心拍数が上がっていました

あと、ワクチンを打った腕が時々痙攣していたのも覚えています

それと、このころから腰痛が出始めます

僕は顎関節症なので、仰向けでしか寝れないのですが、この時はあまりの腰の痛さに、久しぶりに横向きで寝ました

ただ、ワクチンを打った左腕は変な方向に曲げると痛むので、試行錯誤しながら横になりました

それから1時間ほど。薬が効いてきたのか、熱は少し下がって頭痛もしなくなりました

脈拍も落ち着いています

腕の方も、鎮痛剤の効果なのか、あまり痛くありません

そうして軽く夕食をとり、お風呂に入って、8時過ぎに寝ました

翌朝。

腰の方は依然として痛かったのですが、熱は下がり、頭痛もありませんでした

腕の痛みもほぼなくなり、今は少ししびれるかなくらいの雰囲気です

あと、たまに痙攣します

あと、熱を持った感じがします

この文章はそんな左腕をかばいながら書いています

2回目のワクチンは1回目よりも副作用がきついと言います

僕は身長が170cmのくせに体重が50Kgもなく、過去に肺炎で入院したり、体のいたるところが弱かったり、体力もないため、2回目はさすがにキャンセルすることにしました

一応、ワクチンには拒否権があります

だからと言って打たないというのも、文明の利を受ける者としては身勝手だとは思いますが……

今回のワクチンは急遽認可された。見切り発車的なワクチンのようです

僕のように体の弱い人は打たないほうが身のためかもしれません

サイト外リンク

ブログ記事ジャンル

おすすめページ

リンク