「AKIRA」

AKIRA_1
©1988マッシュルーム/アキラ製作委員会 dアニメストアより引用

「AKIRA」は、原作、監督が大友克洋の、アニメ映画です

ディープなアニメオタクには言うまでもないかもしれませんが、この映画はもはや常識ともいえる作品です

個人的には、作画面において、これまでも、そしてこれからも、この作品よりもアニメの理想に近づく作品はないと確信しています

ネオンサインや街頭のテレビCM、バイクの動きや煙の挙動まで、すべてにおいて一流で、作画に対する惜しげもない努力が感じられます

プロダクトや建物のデザインも独創的で素晴らしく、これ以降のサイバーパンク創作者に多大な影響を与えていることは確実です

この作品が存在した世界線にいることを幸福に思います。この作品が生まれた国で生まれることができたことも幸福に思います

それほど素晴らしい作品です

1カット1カットが美しいことはもちろんのこと、1フレーム1フレームまでもが美しく、レトロフューチャー的な魅力を感じられる、ロストテクノロジーのような作品です

道路の配置や看板の配置なども洗練され、昨今のアニメに見られるようなとってつけたような看板はありません

モデルのない風景を舞台に、あの膨大な看板とその他アセットを、あの書き込み具合で違和感なく配置し、セル画時代に表現してアニメーションさせるという、けた違いのセンスです

そして、それを実現したけた違いの作画技術、労力もトップクラスです

この作品は、ストーリーに関しては好みが分かれそうな雰囲気ですが……、ただ、作画に関しては、今までの日本アニメーション界における最高傑作であることは見ればわかるはずです

おすすめです!

サイト外リンク

ブログ記事ジャンル

おすすめページ

リンク