Youtubeから低評価ボタンが消えた

youtubeから低評価ボタンが消えた

つまり、質の高いコンテンツではなく反響を呼ぶコンテンツが評価されるようになった

これにより、もはやyoutubeは立体的な表現の場ではなくなり、互いに互いを宥めあうだけの子供だましの集会場となった

多様性、表現、作風。

それらは良い評価と悪い評価のせめぎあいの中で発展してきた

そんな中、批判が共有されなくなったyoutubeは文化を壊してしまうのではないか、

批評で文化は循環するが、その半身が失われた今。文化が歪んだ方向に進むのは明白で、それに対しては不安しかない

youtubeのアルゴリズムには低評価が反映されているのだろうか

さすがに反映されているとは思うが、もし反映されていなかったら、低評価ボタンが単なるお飾りだったとしたら、

いよいよ創作者はyoutubeを捨てるべきだと思う

おすすめページ

リンク