2Dアニメと3Dアニメーションの違い

僕が考える3Dアニメーションというのは、最初から100が出力されるもので、場合によっては人の手で足したり引いたりして完成を目指す

それに対し、2Dアニメというのは、1や10を積み重ねて完成に持っていく

そして、手書きアニメーションの場合、基本的には引き算はしない

この考えからは多くのことが学べるのではないだろうか、

つまり、言い換えれば”何かを崩して1や2を作り出し、それを足す”ということをすれば2Dアニメーションっぽくなる

ということではないだろうか

ここで重要なのが、その”何か”とは絵である必要はないということだ

つまり、写真でも、3DCGでもいい。

それを分解し、洗い、単純化して素材を作る

それを組み合わせて動かす

それだけでもう、絵をかかずに2Dアニメっぽい画面が完成する

……のではないだろうか、

これはあくまで推測、経験則でしかない

現在制作中の自主制作アニメで確かめたいと思う

Youtubeやってます!

作品発表、メイキング、解説もやってます

よろしければ高評価、チャンネル登録、よろしくお願いします

お仕事募集中です!

お問い合わせはツイッターのDM、またはお問い合わせフォームまで

お気軽にご相談ください

おすすめリンク

ブログ記事ジャンル