時計じかけのオレンジを見て思ったこと

2度目の時計仕掛けのオレンジを見た

難解だが、それを作品として認識できる時点で不思議だと思った

この映画の評判の良さを知ったうえで見ているので、そういう感覚に陥るということもあるだろう

ただ、冒頭のシーンから、普通ではない何かを感じることができる作品だった

難解な表現をすることに対して、信ぴょう性がある気がする

そういう信頼を勝ち取ったうえで難解な表現をしているのでこの作品は面白い

あとは、写実的な表現を放棄している点も改めて良いと思った

映画というのは事実を伝えるものではない

何かを伝えるうえで、演劇のようなフォーマットでもよい

変に現実的なカメラワークではなく、ある程度の創作物感が出ていてよかった

Youtubeやってます!

作品発表、メイキング、解説もやってます

よろしければ高評価、チャンネル登録、よろしくお願いします

お仕事募集中です!

お問い合わせはツイッターのDM、またはお問い合わせフォームまで

お気軽にご相談ください

最新のツイート

おすすめリンク

ブログ記事ジャンル