物語のあらすじ、解説

物語のあらすじをここで解説させていただきます

あらすじ

舞台は人類が滅んだ後の宇宙船

人間は一人もいないなかで、ロボットだけが船内をメンテナンスし続け、全てが新しい状態。ゴミ一つない状態を保っている

劇場パート(クラシック(既存の曲を使用予定))

主人公(ロボット)は映画館の警備、誘導のために配置されているロボ

人間が遺した映画をスクリーンで鑑賞し、映画が終わったら出口付近を案内し、終わったら映画館を巡回する……、

ということを繰り返すうちに、ロボットは人間の遺した映画の真似をしだす

スクリーンの中の登場人物の身振りを真似てみたり、涙を流してみたり……、

そうして徐々に魂が主人公ロボに宿る

そんなある日。ミリタリー系の映画を見ているとき、誤って自らの持つ潜在的な機能、治安維持用の装備であるレーザー弾を発射してしまう

それを機に、ロボは映画館の外の世界を知る

今までは使命のみによって世界を認知し、行動してきたロボが外の世界を認識できるようになっていた

主人公ロボは初めて人間から課せられた使命、映画が始まるブザーを無視し、外の世界に踏み出す

外の世界パート(洋楽カントリー系)

見たこともないような世界を主人公ロボが彷徨う

無人運転のモノレールや、巨大なビル、同じように使命を全うし続けるロボたち

そういったものを横目にしつつ、誰もいない巨大な世界を冒険する

ナイトスペースと呼ばれる、宇宙船中心軸付近にある真っ暗な空間を彷徨っているとき、主人公ロボは故障した清掃ロボを見つける

センサーが壊れ、壁に何度も自らを打ち付けるその様子を見て、主人公は反射的にそのロボを助け、癒しとして映画を見せるために劇場に持ち帰る

椅子に座らせ、映画を見せ……、映画が終わる

というところで、その清掃ロボはすでに停止していた

主人公ロボはその清掃ロボを葬るために、ゴミピットと呼ばれる縦穴にそのロボを投棄する

ただ、そこで目にしたのは、同じように壊れたロボたちの残骸の山だった

壊れたロボを目撃し、同じような悲しみと苦しみが世界にはあると知ったロボは、それを停止させるということを使命に思う

奉仕ロボとしての製造過程でインストールされた船内の構造、集中制御体(生命のモニュメント)の存在を察知し、エレベーターホールに向かう

エレベーター(バトル系)

ひときわ高くそびえたつメインタワーにロボが向かう

閉鎖中のゲートを突破し、警備ロボたちから隠れつつ、最後。追われながらも間一髪エレベーターに飛び乗り、エレベーターホールを抜ける

ただ、上昇する途中で、戦闘ロボがガラスを突き破って無理やり飛び込んできた

戦闘ロボは主人公ロボと同じような見た目をしているが、細部が少し違う。実戦用にパワーアップされている

そんなロボと上昇するエレベーター内で対峙。しばらくの時が流れた後、戦闘ロボが主人公ロボを銃撃しようとする

……が、戦闘ロボの腕についたバレルは曲がり、撃つことができなかった

なので戦闘ロボは主人公ロボに体当たりする

逃げる主人公ロボ、抑え込まれ、ガラスに身体を打ち付けられてガラスがめきめき言っている

そうして主人公ロボは本能的に戦闘ロボの足元に向けてレーザーを撃つ

元から傷ついていた戦闘ロボのジャイロボールが破壊され、カタカタと音を立てて高速回転を始める

エレベーター内をぐるぐる回り。最後にはガラスを突き破り、落下していく

それを見下ろす主人公ロボ、戦闘ロボは落下しながら高速回転し、腕と頭が四方に飛び散っていった

そのままエレベーターは上昇を続け、天球ディスプレイを抜ける

空だと思っていたものが実は、人間の作ったディスプレイだった

裏側には巨大な空気循環用のファンや、メンテナンス用の通路、ケーブル配管などがびっしり並んでいる

そういうエリアをエレベーターは抜け、宇宙船外部の外骨格に差し掛かる

途中、無重力空間を抜けつつ、重力はこれまでいた居住区と反転。エレベーターの終着点であるコントロールルームにたどり着く

コントロールルーム(アンビエント系)

コントロールルームにて、主人公ロボは初めて、ここが船であることと、外には何もないことを知る

人間の骨をもろともせず、付近の恒星の明かりで鋭い影が落ちるコントロールルームを進む

大きな空間の真ん中にポツンとおかれたソファとテーブル、アイドル状態のテレビのもとにたどり着いた

周囲にはごみが散乱し、ソファには人間の骨が座っている

それを微動だにせずに見つめる主人公ロボ、その骨が黒体を抱えていることに気づく

それをすくい上げ、あたりを見回し、台座を発見する

主人公ロボは黒体を台座に運ぶ。

黒体は集中制御体。それを台座にセットして起動。操作できるようになった

ホログラムディスプレイが主人公の前に現れる

しばらく悩んだ後、主人公はすべてを停止させる選択をした

クライマックス(クライマックスクラシック系)

すると、コントロールルームのシャッターが音を立てて閉まり始める

天球ディスプレイ、船内のほかのロボたち、コントロールルームのモニター、映画館のスクリーン。核融合発電

船内のすべての機関が停止をはじめる

給電が停止した主人公ロボもすぐにパワーダウンする

シャッターにさえぎられ、暗闇に包まれつつあるコントロールルームに後ずさりしながら、腕が取れ、最後には頭だけになって床を転がる

そして宇宙を視界に収めたまま死ぬ

観測者がいなくなった宇宙は崩壊し、最後にはすべてが無に還った

解説

※ですます調だと自信がない表現になってしまう気がするので……、ちょっと威張ったような感じで書かせていただきます、すみません。

※結構尖った思想だというのは自覚しています。独自の解釈です。

主人公は映画館で警備を担当するロボだ

なぜなら、僕は、こういう無人になった宇宙船の中で、魂が芽生えるとしたらそこが一番可能性が高いと思ったからだ

魂は真似事でしかない

悲しいリアクションをすべき時には悲しいリアクションをするし、その逆もまたしかりだ

人間を含め、魂や感情というのは、周囲の環境から影響を受けてのみ形成される

生まれ持った本能だって、歴史的な生存戦略の共通項として生まれたメカニズムに過ぎず、それは単なる真似事の連続による結果でしかない

そのため、人間という感情の塊を映画という媒体を通して永遠に目撃することができる、映画館の警備ロボに魂が宿る可能性があるのでは?

という考えから、主人公を映画館の警備ロボにした

最初、主人公は人間から与えられた使命を全うし続ける

ただ、真似をするうちに、感情に似たものが芽生え始め、本来必要のない行動をし、使命の外を認識し始める

そして、人間から与えたもの以外の可能性。映画館の外を認識し、足を踏み入れる

そこには見たこともない景色が広がっていた

それと同時に、使命を全うし続けるロボもたくさんいた

清掃を永遠に続けるロボ、もう全く捨てられることのないゴミを回収しに向かうロボ

それらは苦しみでもあり、幸せでもある

ロボットから見た神は人間だから、その人間から与えられた使命に縛られ続けるのは永遠の苦しみかもしれないし、使命を全うし続けることで得られる満足感は幸福かもしれない

これに関しては正直、答えはない。

なぜなら、それに関する意識は人それぞれだし、それらは幸福の変化量だから、そもそも一定の量として比べられるものではないからだ。

……というような人間的な感情は主人公ロボにはまだないので、真似事しかできない主人公ロボはそれを苦しみとしてとらえて、生命のモニュメントを停止させようとする

ここで乗るエレベーターは昇天のメタファーだ

そして、エレベーターで抜ける天球ディスプレイも同じく、昇天のメタファーだ

今まで見ていた空が実は、神である人間が作ったものだった

人間が作った乗り物に乗って、人間が作った空を抜け、人間が管理するためのコントロールルームにたどり着いた

そこは神の世界、主人公ロボには単なるカルシウムの塊に見える人間の骨が散乱している

そこで、ソファに横たわり、テレビなどの文明の利に囲まれて身勝手に死んでいる人間を目撃する

捨てられたごみ、つけっぱなしのテレビ、それらは主人公ロボと同じだ

身勝手にも生き物を創生し、作った本人は早々に滅び、あとには創生された生き物だけが残った

その構図は今の人間が抱える苦しみの輪郭だと思うし、そういうものを神→人間、人間→ロボット という構図に置き換えてこの物語は作られている

終盤のコントロールルームでの場面で、そういうことを明確に決定づけて描いている

そんな人骨が集中制御装置である黒体を独占するかのように抱えている

それを主人公ロボが取り上げ、台座に置き、停止させる

ここで大事なのが、少し悩む。ということだ

なぜなら、この船の中での主人公ロボと、僕らのような生身の人間との間で決定的に違うものである”他”の概念が主人公ロボにはあやふやではあるが存在するからだ

魂は真似事でしかないと先に書いたが、だからと言って、人間がロボットだとは思っていない

魂において最も大切なのが、他の概念があるか否か、にあると思う

他の概念がない生命体というのは、思ったことがすべて行動に現れる

嘘をつく必要はない

脳みそが五感から入力された答えに応答し、行動に移す

それは本当の意味で現象だ

なので、誰もいない宇宙船でたった一体だけ、魂を持ったロボットとして主人公ロボを描くとしたら、

このような完全な現象としての感情、鏡のように反応するだけの機械的な現象としての主人公ロボを描くことになるだろう

ただ、今回の物語では途中、戦闘ロボがエレベーターに飛び乗ってくる

そのロボは傷つき、ほかのロボとは違う選択をして、エレベーターに飛び乗ってきた

そのロボから主人公ロボは魂に似たものを感じ取った

自分と同じく考えて行動するロボットの気配をここで感じている

それを目の当たりにした時、他という概念が主人公ロボの中に誕生した

それは、魂が人間のような感受性豊かなものになるための条件だ

すべてを外に出力していた主人公ロボが他という概念を認識することにより、他とそれ以外の境界線。そしてその境界線に囲われた自分という領域を獲得した

これにより、主人公ロボは本当の意味で、魂を獲得しようとするところまで至ったことになる

ただ、物語は完全な魂になる前に終わる

だから最後。主人公は不自然に間を開けて宇宙船を停止させる

他という概念があることを知った

つまり、自分の知らない魂がある

自分の知らない領域があるのだから、それを強制的に自分の判断で停止させるのはいけないことではないのか

という気持ちがわずかに芽生え、せめぎあって、しばらく止まる

ただ、主人公には他の概念がほぼないので、自らの行動を止めるまでは至らず、宇宙船を停止させる

最後は観測者がいなくなった世界が消える。ということを伝えたくて、宇宙が崩壊。世界の音が響く。というような演出で終わることにした

この物語は僕が普段から考えている思考実験的な世界観に素直になってすべてを作った、シミュレーション的な要素も含んだ物語です。

同時に、生きる苦しみを世に大々的に訴えるものでもあります。


コメントは受け付けていません。