生成AIについて

生成AIは、創作界隈の自然淘汰を復活させ、創作分野の質を高めてくれるのでは、と感じている

今までの世間では、価値のある芸術とそうでない芸術の立場が逆転していた

人から評価されること=価値がある物。というわけではない

その差分を誇張したのがSNSだ

そういうSNSで発達する絵、アニメーションは、根本的価値が評価対象になっていないという点において、質が低くなりがちだ

第一印象の良いビジュアル、拒絶されない大衆性、フォロワーの機嫌を損ねない保守的な作風

そういったものを獲得するために、人の作風と周りの流行を参考にして創作している

模写やトレースをして上達している人が多いと思うが、それは間違いではない

ただ、そういう人たちが正当化されるのであれば、同じことをして同じ出力をするAIも正当化されるべきでは?

むしろ、技術の発展を阻害するのは集団の一部として問題だと思う

嘆くのではなく順応すべきだ

昔は計算をする専門の職があったが、今、そういう人はいない

それは、電卓という、完全上位互換が生まれたため、それを生業にする人がいなくなったというだけのことだ

今でも計算が得意な人間は昔と同じように生まれてきているが、そういう人たちは計算を生業とせず、別の仕事をしている

遅かれ早かれ世間はそうなる

生成AIによって、人間の抽象的なものを具体化する作業が必要なくなりつつある

その先にあるのは作家性などの抽象的な価値だ

それを享受するための形をAIが生成する時代になるのだろうか

であればやることは変わらない、

アイドル性のある独創的な監督になりたい

Youtubeやってます!

作品発表、メイキング、解説もやってます

よろしければ高評価、チャンネル登録、よろしくお願いします

お仕事募集中です!

お問い合わせはツイッターのDM、またはお問い合わせフォームまで

お気軽にご相談ください

最新のツイート

おすすめリンク

ブログ記事ジャンル