自主制作メモ:最後の最後

今、最後の最後は映画が終わるというような演出にする予定だ

作品=映画なので、この作品も映画ということになる

それは二重の意味でだ

この映像が映画として存在しているのもそうだし、この映像の中の世界を一つの映画と比喩しているというのもある

後者の方に関しては、僕が映画に対して抱いている印象なので、僕が作ったのは映画ではなく世界なんだというのを伝えることができる

それをするための仕掛けとして、最後は終の文字と、カーテンが閉ざされる演出を入れようかと思っている

あとは、観客の歓声を入れるのもよいなと思った

Youtubeやってます!

作品発表、メイキング、解説もやってます

よろしければ高評価、チャンネル登録、よろしくお願いします

お仕事募集中です!

お問い合わせはツイッターのDM、またはお問い合わせフォームまで

お気軽にご相談ください

最新のツイート

おすすめリンク

ブログ記事ジャンル