ジュディマリについて

JUDY AND MARYは結構前から地味に好きだったが、1年くらい前から、国内のバンドの中でもトップクラスに好きな部類に入るほど好きになった

最近もよく聴いている

今のところのお気に入りの曲は、小さな頃から、ラッキープール、くじら12号、BLUE TEARS

だ、

メロディラインがとてもすがすがしいので好きだ

すがすがしいのが好きではない、とてもすがすがしいのが好きだ

というとわかりづらいので説明すると、世界観がぶれていないので好きだということだ

国内だと、椎名林檎と事変、ミレパ、radwinms、ポルカなど、

海外だと、アストリッドエングバーグ、スカーロード、スーサイ、システムオブアダウン、マイケルジャクソン、ダフトパンクなど、

そういうバンドたちにも当てはまる

僕がフュージョン系の音楽が好きだという記事を少し前に書いた気がするが、僕が音楽に求めるのは雰囲気だ

その雰囲気を持つアーティストの音楽は、聴いているその場を違う場に変えてくれるようだ

僕の中では、そういう音楽が本物だと思っている

ジュディマリの音楽は誰が聞いてもすがすがしくなるような楽器、メロディ、そして歌い声だ

コーラスとハモリが無いのが特徴に挙げられると思う

楽曲の多くは、何かしらさびになるとコーラスやらハモリが入ってくる

必ずしもそういうわけではないが、ジュディマリの曲にはほかの曲と比べても、そういうハモリなどが少ない気がする

まるで野外ライブのような、インディーズのような、そういう瑞々しさがある

あとは、歌声にエコーがかかったようなエフェクトが多い気がする

トンネルの中で歌っている感じだ

ただ、音の粒の輪郭が消えているわけではなく、反響によるウェットな音と、元のドライな音が両立している

これによるノスタルジーが良い、

リッチな音を突き詰めるのではなく、これでよいと割り切っている

先日も考えていたが、作品にとって一番大事なのはどういう世界を伝えるかだと思う

その点、ジュディマリの曲は純粋にさわやかさを伝えてくれるので好きだ

Youtubeやってます!

作品発表、メイキング、解説もやってます

よろしければ高評価、チャンネル登録、よろしくお願いします

お仕事募集中です!

お問い合わせはツイッターのDM、またはお問い合わせフォームまで

お気軽にご相談ください

最新のツイート

おすすめリンク

ブログ記事ジャンル