「この世界の片隅に」を見た

久しぶりに見た

今回は長いほう、3時間近くあるほうだ

片淵監督はそこまで有名でもないのかもしれないが、僕の中では結構好きな監督だ

好きなアニメ上位に位置するブラックラグーンも、片淵監督だ

この世界の片隅には戦争映画というジャンルにはなるのかもしれないが、そういう戦争に対する描き方としては間接的だったと思う

戦争が落とす影の中にいる人間模様にカメラを向けているような感じだ

原爆投下後の広島すらも出てこない

戦争を描こうとして描いているのではなく、人間模様を描く過程で戦争を描くことをいとわないというような感じだった

そういう間接的な描き方が一ひねりされていて、良かった

あとは、全体的にかわいらしい絵柄で描かれている

まどマギと同じ意図なのかもしれないが、もし、例えば、リアルなデザインのキャラクターであの物語をやっていたら、それはそれで腑抜けた感じになってしまってしまう

先に書いた、戦争を間接的に描くというこの映画の見せ方でやるとするならば、キャラは戦争に関係ないような感じに描く必要がある気がする

でないと、間接的に描けない。キャラも戦争しそうな顔をしていたら、それは間接的というよりかは、戦争を避けているような印象になってしまっただろう

あのキャラデザだからこそ、この映画のこういう雰囲気が成り立っているのだろう

あとは、そもそも、昔の日本人が子供っぽい見た目をしているというのもあるだろうし、そもそも結婚する年齢も若い

そういう事実関係上の都合もあったりするのかもしれない

この記事をツイートする

Youtubeやってます!

作品発表、メイキング、解説もやってます

よろしければ高評価、チャンネル登録、よろしくお願いします

お仕事募集中です!

お問い合わせはツイッターのDM、またはお問い合わせフォームまで

お気軽にご相談ください

最新のツイート

おすすめリンク

ブログ記事ジャンル